Skip to main content

11. 人物情報を探す/Find Biographies: 日本語

概要

人物情報はインターネットでも得ることが出来ます。しかし学問の現場で使う為には、信頼性の高い情報源を複数確認して正確な情報を入手し、かつ入手元を明示できることが重要です。

歴史上の人物を調べる

歴史上の人物や、現在活躍している人物でも顕著な活躍をした著名人は、幅広い分野と時代を扱った「一般人名事典」や、百科事典に収録されます。

一般人名事典(日本)

  • 日本人名大辞典(ジャパンナレッジLib) [講談社] (大学契約データベース)
    講談社日本人名大辞典』を基に作成され、75,000人を超える収録数を誇る日本最大規模の人名事典。
  • 日本人名大事典 [平凡社] (図書)
    約60,000人を収録。『新撰大人名辞典』をもとに増補改訂されたもの。

一般人名事典(世界)

いくつかの人名事典を引いても「載っていない」という時

現代に活躍する人物を調べる

一般人名事典や百科事典は業績の定まった人物を収録する為、現代に活躍する人物の網羅性は低くなります。このような時、「人名録」「紳士録」「人名鑑」「Who’s Who」と呼ばれる現存者のみを対象とした事典や、「物故人名鑑」「Who was who」と呼ばれる近年の物故者のみを対象とした事典が有効です。

人名録(日本)

  • 日本紳士録 [交詢社出版局] (図書)
  • 人事興信録 [人事興信所] (図書)
    日本で最も古い2つの紳士録。明治期より長年にわたり各界著名人の情報を掲載してきたが、『日本紳士録』は2007年の第80版、『人事興信録』は2009年の第45版を以て刊行が途絶えた。
  • 現代人名録(ヨミダス歴史館) [読売新聞社] (大学契約データベース)
  • 人物データベース(聞蔵Ⅱビジュアル) [朝日新聞社] (大学契約データベース)
    新聞データベース内の人物情報。新聞紙上で取り上げられるような著名人を収録。

人名録(世界)

  • 現代外国人名録 [日外アソシエーツ] (図書)
    4年ごとに改訂される、日本で唯一、定番の外国人名録。2016年版では約1万人を収録。
  • Marquis Biographies Online [Marquis] (大学契約データベース)
    Marquis社の『Who's Who in America』、『Who's Who in the world』等から、1985年版以降の約140万人分を収録。

人名録(その他各国)

以下はイギリスの紳士録ですが、図書館ではこれ以外にも、Canadian who's who(カナダ)、Wer ist Wer(ドイツ)など、各国の人名録を所蔵しています。Who's WhoWho was Who等のキーワードでWINE検索を試してみてください。

  • Who's Who [A. & C. Black] 
    1849年より続く英国の人名録。司法関係者、公務員、政治家、著名な文化人、スポーツ選手などが調査可能。姉妹編の『Who was Who』では、物故者も調査可能。

専門分野に応じた人物を調べる

一般人名事典や人名録に掲載されなくても、各専門分野で業績を残している場合は多く存在します。これについては、例えば以下のような、専門分野ごとの情報源の調査が有効です。

人名事典・データベース

  • 日経 WHO'S WHO(日経テレコン21) (大学契約データベース)
    企業の役員や、政・財・官界人の人事情報。メニューの「人事検索」から利用可。また、他の大学契約データベースでも同様の情報が得られるものがある。詳しくはリサーチNAVI「企業情報を探す(国内)」を参照。
  • researchmap [科学技術振興機構] (一般Webサイト)
    研究者の情報。基になった書籍『研究者・研究課題総覧』の約13万件から発展し、現在約22万件を収録。

専門事典・年鑑・便覧

「人名事典」でなくても、分野ごとの専門事典・年鑑・便覧で人物情報を得られる場合があります。

  • 日本近代文学大事典 [講談社] (図書)
    日本近代文学の必携事典。第1巻~第3巻が「人名編」。
  • Contemporary Authors (Literature Resource Center) [Gale] (大学契約データベース)
    現代の影響力のある作家、詩人、劇作家、ジャーナリスト、脚本家の情報を約14万件以上収録するデータベース。
  • 美術年鑑 [美術年鑑社] (図書)
    現代日本美術作家の名鑑を掲載。

伝記などの人物文献で調べる

特定の人物について、より深い情報を調べる時や、人名事典に載っていない場合には、伝記、評論、研究書、回顧録、年譜などといった「人物文献」での調査が有効です。人物文献を探すためのツールには以下のようなものがあります。また、国立国会図書館のリサーチナビ「人物文献(伝記など)を探す(日本)」でも紹介されています。

WINEの件名検索

WINEの「件名検索」で姓名を入れて検索すると、「その人について書かれた本」を探す事ができます。姓と名の間にはスペースが必要です。例えば、高田早苗について件名検索を行うと、このような検索結果になります。

各種人物文献目録

  • 日本人物文献目録 [平凡社] (図書)
    明治初年から1966年末までの人物文献を収録。
  • 人物文献目録 [日外アソシエーツ] (図書)
    1980年以降、継続的に刊行されている人物文献目録。
  • 伝記・評伝全情報 [日外アソシエーツ] (図書)
    1945年以降の伝記・評伝を網羅した文献目録。
  • Biographical books [Bowker] (図書)
    人名ごとに伝記・評伝が調べられる文献目録。第1巻で1876~1949年、第2巻で1950~1980年の刊行物を収録。

どのような人名事典・情報源があるかを調べる

このガイドで紹介しきれなかった情報源の存在を発見できます。
 

  • 「人名辞典」大事典 [人名情報研究会] (図書)
    約20,000点の「人名事典」「人名録」類を紹介。「ジャンル別編」、「地域編/外国編」がある。
  • 名簿・名鑑全情報 [日外アソシエーツ] (図書)
    人名録、人名事典を含む名簿・名鑑の総目録。1945~2004年の60年間に日本で刊行された書籍を対象とする。
  • 日本人名情報索引(人文分野)データベース [国立国会図書館] (一般Webサイト)
    日本人の人名辞典につき、収録内容のキーワードからの検索が可能。一部資料は収録人物名から検索できる。1990年の書籍版を引き継ぎ、新しいデータを順次追加している。
  • Biographical dictionaries and related works [Gale Research Co.] (図書)
    1986年刊行の第2版では、世界各国の人名事典、人名録、百科事典16,000件を収録。