Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

11. 人物情報を探す/Find Biographies: 日本語

概要

人物情報はインターネットでも得ることが出来ます。しかし学問の現場で使う為には、信頼性の高い情報源を複数確認して正確な情報を入手し、かつ入手元を明示できることが重要です。

歴史上の人物を調べる

歴史上の人物や、現在活躍している人物でも顕著な活躍をした著名人は、幅広い分野と時代を扱った「一般人名事典」や、百科事典に収録されます。

一般人名事典(日本)

一般人名事典(世界)

  • 岩波世界人名大辞典 [岩波書店] (図書)
    日本最大規模の外国人名辞典。『岩波西洋人名辞典』の増補改訂版。
  • Encyclopedia of World Biography [Gale](図書)
    世界中の著名人の人物情報を参照できる事典。
  • Oxford Dictionary of National Biography [Oxford University Press] (大学契約データベースで利用可能)
    英国史における著名な人物の伝記情報を掲載。データベース版では、書籍版の『Oxford Dictionary of National Biography』(2004年改訂新版)全60巻に加え、旧版(1884年~1996年)全33巻のフルテキストデータを収録。

いくつかの人名事典を引いても「載っていない」という時

現代に活躍する人物を調べる

一般人名事典や百科事典は業績の定まった人物を収録するため、現代に活躍する人物の網羅性は低くなります。このような時、「人名録」「紳士録」「人名鑑」「Who’s Who」と呼ばれる現存者のみを対象とした事典や、「物故人名鑑」「Who was who」と呼ばれる近年の物故者のみを対象とした事典が有効です。

日本

  • 日本紳士録 [交詢社出版局] (図書)
  • 人事興信録 [人事興信所] (図書)
    日本で最も古い2つの紳士録。明治期より長年にわたり各界著名人の情報を掲載してきたが、『日本紳士録』は2007年の第80版、『人事興信録』は2009年の第45版を以て刊行が途絶えた。
  • 現代人名録 [読売新聞社] (大学契約データベース【ヨミダス歴史館】で利用可能)
  • 人物データベース [朝日新聞社] (大学契約データベース【聞蔵Ⅱビジュアル】で利用可能)
    新聞データベース内の人物情報。新聞紙上で取り上げられるような著名人を収録。

世界

  • 現代外国人名録 [日外アソシエーツ] (図書)
    4年ごとに改訂される、日本で唯一、定番の外国人名録。
  • Marquis Biographies Online [Marquis] (大学契約データベース)
    Marquis社の『Who's Who in America』『Who's Who in the world』等から、1985年版以降の約140万人分を収録。

その他各国

図書館では各国の人名録も所蔵しています。Who's WhoやWho was Who等のキーワードでWINEを検索してみてください。

  • Who's Who (イギリス)[A. & C. Black] (図書)
    1849年より続く英国の人名録。司法関係者、公務員、政治家、著名な文化人、スポーツ選手などが調査可能。姉妹編の『Who was Who』では、物故者も調査可能。
  • Canadian who's who(カナダ)[University of Toronto Press](図書)

  • Wer ist Wer(ドイツ)[Schmidt Römhild](図書)

専門分野に応じた人物を調べる

一般人名事典や人名録に掲載されなくても、各専門分野で業績を残している場合は多く存在します。例えば以下のような、専門分野ごとの情報源の調査が有効です。

人名事典・データベース

  • researchmap [科学技術振興機構](一般Webサイト)
    研究者の情報。基になった書籍『研究者・研究課題総覧』から発展し、現在も幅広く情報を収録。
  • 日経 WHO'S WHO(大学契約データベース【日経テレコン21】から利用可)
    企業の役員や、政・財・官界人の人事情報をメニューの「人事検索」から利用可。
    他の大学契約データベースでも同様の情報が得られるものがあるので、リサーチNAVI「企業情報を探す(国内)」も参照。

専門事典・年鑑・便覧

「人名事典」でなくても、分野ごとの専門事典・年鑑・便覧で人物情報を得られる場合があります。以下は一例です。

  • 日本近代文学大事典 [講談社] (図書)
    日本近代文学の必携事典。第1巻~第3巻が「人名編」。
  • 美術年鑑 [美術年鑑社] (図書)
    現代日本美術作家の名鑑を掲載。
  • Contemporary Authors [Gale](大学契約データベース【Literature Resource Center】から利用可)
    現代の影響力のある作家、詩人、劇作家、ジャーナリスト、脚本家の情報を収録するデータベース。

伝記などの人物文献で調べる

特定の人物について、より深い情報を調べる時や、人名事典に載っていない場合には、伝記、評論、研究書、回顧録、年譜などといった「人物文献」での調査が有効です。

人物文献を探すためのツールには以下のようなものがあります。

各種人物文献目録

  • 日本人物文献目録 [平凡社] (図書)
    明治初年から1966年末までの人物文献を収録。
  • 年刊人物文献目録 [日外アソシエーツ] (図書)
    1980年以降、継続的に刊行されている人物文献目録。日本人編、外国人編がある。
  • 伝記・評伝全情報 [日外アソシエーツ] (図書)
  • 1945年以降の伝記・評伝を網羅した文献目録。日本・東洋編、西洋編がある。
  • Biographical books [Bowker](図書)
    人名ごとに伝記・評伝が調べられる文献目録。第1巻で1876~1949年、第2巻で1950~1980年の刊行物を収録。

WINEの検索

例えば詳細検索から、検索項目を「主題」に指定して姓名を入れて検索すると、「その人について書かれた本」を探す事ができます。
▼高田早苗を検索した例▼

どのような人名事典・情報源があるかを調べる