Skip to Main Content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

学術情報検索(日本語): ヘルプ

早稲田大学で契約している電子資料(データベース・電子ジャーナル・電子ブック)や図書館員が選んだ有用なWebサイトなどの学術情報資源が登録されています。

「学術情報検索」サイトについて

早稲田大学で契約している電子資料や図書館員が選んだ有用なWebサイトなどの学術情報資源が登録されています。 このサイトで探せる電子資料は、早稲田大学で契約しているものの一部(データベース・電子ジャーナルのパッケージ単位・電子ブックのパッケージ単位)です。電子ジャーナル・電子ブックの個別タイトルやCD-ROM・DVD-ROMは含まれません。

使い方

電子資料の探し方

このサイトに登録されている電子資料を以下のような方法で探すことができます。

分野や資料タイプから探す 

分野別の一覧を表示するには、詳細検索を選び、画面上部の検索窓で関心のあるテーマに合わせて「人文科学」「社会科学」「自然科学」などの分野をプルダウンリストから選択します。
資料タイプ別の一覧を表示するには、詳細検索を選び「事典・辞書」「雑誌論文・記事」「統計・数値データ」などの資料形態をプルダウンリストから選択します。
分野と資料タイプの両方を指定することもできます。
分野や資料タイプごとに重要な電子資料にはBest Betマークが表示され、一覧表示の先頭に並びます。
分野や資料タイプを選択しても目的に合った電子資料が見つからない場合には、選択項目を変更したり、「すべての分野」や「すべての資料タイプ」を選択して範囲を広げてみてください。

  • おすすめのデータベース 
    プルダウンリストから選択して「表示」をクリックするとダイレクトにアクセスできます。データベースには「Popular」というアイコンが付いています。
  • データベースのタイトルやキーワードから探す 
    データベースのタイトルや電子ジャーナルのパッケージ名、資料の概要などに使われているキーワードを入力して検索できます。 スペースで区切ることで複数の検索語をAND検索できます。英数は半角で検索してください。
  • データベースのタイトルで探す(アルファベット・50音順) 
    データベースのタイトルが分かっている場合には、詳細検索を選びその頭文字をクリックして一覧から選択できます。メインのタイトルの頭文字で登録されていますので、一覧に表示されない場合は「キーワードでデータベースを探す」で検索してみてください。
  • 詳細検索 
    「キーワード」「分野」「資料タイプ」などの項目をかけあわせて検索することができます。

検索結果の並び順

上記のような方法で検索した結果は、原則として電子資料のメインのタイトル順に並びます。 (「分野や資料タイプから探す」で分野や資料タイプを選択した場合にはそれぞれ重要な電子資料にBest Betマークが表示され、一覧表示の先頭に並びます。)
並び順の注意点は以下の通りです。

  • (1)英字(アルファベット順)(2)日本語のヨミ(50音順)(3)その他
  • アルファベットは大文字・小文字の区別はありません。また、タイトルの先頭の冠詞は除いた形で並んでいます。(例:The EconomistはEで並ぶ)
  • 日本語のデータベースでもタイトルにアルファベットが含まれている場合には、アルファベットの位置に表示されます。(例:CiNiiはCで並ぶ)

アイコン・用語の説明

  • 資料の本文言語 / Language of the Content
  • 全文あり / Full text available
  • 大学契約DB / Licensed Database
  • 学外アクセス可能 / Off-Campus Access Available
  • 学内からのみ利用可能 / On-campus access only
  • プロキシ接続 / Proxy Access Required
  • 同時アクセス数制限あり / Concurrent users are limited
  • 利用案内 / Guide
  • 障害・メンテナンス情報 / Database Outage Alerts
  • WINEで内容を検索可能 / Contents are searchable on WINE

電子資料の利用上の注意(必読)

電子資料は以下をよく読んでご利用ください。

電子資料の利用上の注意

ブラウザの先読み機能による不適切な利用について

特定のwebブラウザに実装されている「リンク先読み機能*」により、意図しない大量ダウンロード/大量アクセスが生じる可能性がございます。
当該機能の無効化にご協力をお願い申し上げます。
*任意のwebページを閲覧中、ページ内に設置されているリンクへの自動アクセスがバックグラウンドで繰り返される。
*機能の設定変更方法はブラウザごとに異なります。詳細は各自ご確認ください。

【注意】
最近、当該機能による電子資料の不正使用について、出版社より警告および利用停止の措置が取られるケースが多発しております。
ペナルティの規模は様々であり、当事者が特定の資料を利用できなくなるだけでなく、当該出版社の全ての刊行物が全学的に利用できなくなる事例も過去に発生しています。
ご自身では"普通に"利用していたつもりでも、「気が付かないうちに大量ダウンロード/大量アクセスと見做されてしまった」等という事態にならないためにも、今一度各種設定のご確認をお願い致します。
 

一括ダウンロード補助機能による不適切な利用について

”DownThemAll!”のようなブラウザの拡張機能やアプリケーションを用いた一括ダウンロードにつきましても、必要範囲を超える量の文献を一度に大量ダウンロードすることは不正行為と見做されます。契約資料へのご使用はお控えください。

学外からの利用方法について

学外から図書館の契約する電子資料を利用する際には、必ずVPN接続を切断した上で、学外アクセスにログインしてください。
VPNに接続された状態では、電子資料をご利用いただけませんので、ご注意ください。

電子資料の授業利用について

  • 各自がダウンロードした資料は、掲載する分量に関わらず、Waseda Moodle等のオンラインサービスに掲載することは出来ません。
  • 指定教科書や参考文献等、受講者全員が利用する必要のある資料は、以下の方法で資料を共有してください。
    1. WINEで検索できる資料については、WINE書誌上の「固定リンク」を受講者へ提示してください。
    2. WINEで検索できない資料については、学術情報検索からの取得方法を受講者へ案内してください。
  • 資料によっては、契約により同時に利用できる人数を制限している場合があります。詳細は、各データベースの「必ずお読みください/Read Before Use」をご確認ください。
  • 大学が整備する教員向け利用マニュアルも併せてご参照ください(参照には、Teach AnywhereのID/PWが必要です)。

お問い合わせ