Skip to main content
It looks like you're using Internet Explorer 11 or older. This website works best with modern browsers such as the latest versions of Chrome, Firefox, Safari, and Edge. If you continue with this browser, you may see unexpected results.

20. 政府刊行物・議会資料を探す(海外編): 日本語

概要

政府刊行物(政府関係機関が何らかの形で関わっている刊行物)の情報は、公的なWEBサイトで見つけられることが増えています。それに対して早稲田大学図書館で契約しているデータベースには、検索に便利な機能が追加されていたり、編集が加えられたりしているのが特徴です。ここでは、データベースやWebサイトなど、オンラインで検索が可能な 米・英・独・仏の官報、議会資料を中心に紹介します。

アメリカ合衆国

総合

  • Fdsys (GPO's Federal Digital System) (一般Webサイト)
    U.S. Government Printing Office(GPO、政府印刷局)のサイト。GPOが出版する連邦政府刊行物の全文の閲覧が可能。アメリカは特に民間出版社による政府刊行物(白書・統計書など)の出版が無いことが多いため、このサイトの情報は有用。
  • USA. Gov.(一般Webサイト)
    米国政府が公開している情報を行政組織別ではなく、情報内容、利用者別に検索できるサイト。
  • 米国大使館レファレンス資料室: 役に立つウェブサイト (一般Webサイト)
    USA Gov. と異なり、行政組織別に分けられたリンク集。
  •  
  • Federal register(アメリカ合衆国:連邦「官報」)
  •   アメリカ合衆国の連邦政府の公報紙で、日本の「官報」にあたるもの。
  • HeinOnline(大学契約データベース)
    v.1 (1936) から収録されており、他のデータベースと比べ、最も収録範囲が長い点がお勧め。収録までのタイムラグは、最長でも1週間程度。

*Federal register は、他にも、大学契約データベースの lexis Advance (1980-)Westlaw Next
(1981-)、および上記Webサイトの Fdsys (1994-) などでも閲覧可能。
*参考図書:アメリカ政府官報の調べ方: Federal register systemとは何か[竹島武郎著. 1992年]

議会資料

  • ProQuest Congressional(大学契約データベース)
    米国議会・委員会情報(1990-)、本会議議事録(1985-)の索引、抄録に加え、一部全文情報を収録。
  • THOMAS [Library of Congress](一般Webサイト)
    アメリカの議会図書館提供の議会情報のデータベース。

*本会議録の閲覧が可能なWebサイト、図書、データベースと収録年代
 1774-1875 A Century of lawmaking(一般Webサイト)、1873中央図書館所蔵冊子体
 1985- ProQuest Congressional(大学契約データベース)、1989THOMAS(一般Webサイト) 

イギリス

議会資料

  • House of Commons Parliamentary Papers (HCPP)(大学契約データベース)
    17-21世紀(1688-2004)の英国下院議会文書の全文データベース(一部上院文書も含む)。政治のみならずイギリス帝国史や世界史の研究においても欠かせない一次資料。1801-1945はマイクロ資料の所蔵も。
  • Parliamentary debates (Hansard). House of Commons official report.(図書)
    議事速記録。図書は 6th ser. v.470 で購入中止 (2008)。蔵書検索WINEのタイトル検索で検索すると、Great Britain以外もヒットするので注意が必要。一部、Webサイトでも本文閲覧可 (1988-)。

*参考図書:イギリス政府・議会文書の調べ方[竹島武郎著.1989年]
イギリスの議会・政府資料の収録内容と文書検索方法の説明、及びイギリス議会・政府資料全般の解説。

ドイツ

官報:Bundesgesetzblatt(ドイツ連邦法令公報)/ Bundesanzeiger(法律以外の官報)

  • Bundesgesetzblatt (BGBl)(一般Webサイト)
    高田早苗記念研究図書館で冊子体の所蔵もあり。2002までを所蔵。
  • Juris online(大学契約データベース)
    官報を含む法律ポータル(GesetzesPortal.de)の利用が可能。プリントアウト、ダウンロードも可能。
  • Bundesanzeiger (BAnz)(一般Webサイト)
    官報の中でも BGBl に載るもの以外の行政命令や告示を掲載。2002以降の BAnz が見られる。

議会資料:Bundestag(連邦議会)・ Bundesrat(連邦参議院)・Landesparlamente(州議会)

  • Verhandlungen des Deutschen Bundestages(図書)
    蔵書検索WINEのタイトル検索で検索するとStenographische Bericht(本会議速記録)とDrucksachen(議会文書、法律案・委員会報告などを含む)がヒットする。Webサイトで公開されている部分もある。
  • Verhandlungen des Bundesrates(マイクロフィッシュ)
    Stenographische Bericht(本会議速記録) とDrucksachen(議会文書、法律案・委員会報告などを含む)を2008年までマイクロフィッシュで法律文献情報センターにて所蔵。Webサイトで公開されている部分もある。
  • ドイツ連邦議会文書(一般 Web サイト)
    Deutscher Bundestag の HP内 Dokumente の項目で、Web公開されている文書が閲覧できる。
  • ドイツ連邦参議院文書(一般 Web サイト)
    Bundesrat の HP内 Parlamentsmaterialien の項目で、Web公開されている文書が閲覧できる。
  • Parlamentsspiegel(一般 Web サイト)
    Dokumentenabruf から連邦・州・EUの議会資料や法令を検索できる。

フランス

総合

官報

*他に、下記の一般Webサイトでも、官報の閲覧が可能
Journal officiel では 2004からPDFあり、1990- Legifrance、2006Portail du Gouvernement

議会資料

その他の国

アメリカ・イギリス・ドイツ・フランスの情報収集にも活用できます。

*調べたい国の大使館や議会のWebサイトには、翻訳(仮訳の場合も有)された文書が公開されている場合や、各種リンク情報があることがあります。
*一般検索エンジン(Google等)の利用
  探している資料の完全なタイトルがわかっている場合、政府刊行物は全文公開化が進んでいるので、Google等でキーワード検索をするとオリジナルの文書が見つかることがあります。この場合は、その文書のソース(情報源)が信頼できるものかどうかを必ず確認してください。