Skip to main content

eol: 利用案内

同時アクセス数

4

概要

国内株式公開企業を中心とした企業情報を総合的に配信するデータベース。最大1961年に遡る有価証券報告書原文および2001年10月以降の決算短信・その他適時開示情報の原文をPDF形式にて提供するほか、株価情報等のマーケット情報も収録。財務データは、原文と同じ完全財務データと、他社との比較可能な要約財務データの2種類を収録。有価証券報告書の全文検索、企業業績のグラフ化、複数企業の財務情報比較などの機能がある。2011年春より、「eol AsiaOne」(アジア圏企業基本情報検索)のサマリー版を追加。

出版社

株式会社プロネクサス

収録内容

コンテンツ一覧 
1.企業属性情報: 企業基本情報、最新有報ダイレクトリンク、業績(連結ベース)、財政状態&キャッシュフロー(連結ベース)企業情報履歴&その他指標 
2.マーケット情報 : 株価情報、IPO(新規公開)情報、株式発行情報、日経平均株価、外国為替 
3.財務情報(最大1989年より収録): マクロ分析データ(要約財務諸表)、ミクロ分析データ(完全財務諸表) 
4.原文データ(最大1961年より収録): 金融商品取引法による開示書類、証券取引所開示書類、プレスリリース 

機能一覧 
1.検索機能: 全文検索、企業検索、スクリーニング、株価検索、コンテンツ検索、テーマ別検索 
2.比較・分析機能: 財務分析、ヒストリカルデータ、グループ比較、短信情報分析、マーケット情報 
3.ダウンロード機能: 原文データダウンロード機能、CSVデータダウンロード機能、XBRLデータダウンロード機能 
4.アラートメール機能 
5.多言語切替機能: 英語、中国語(繁体字、簡体字)

利用方法

使い方は、ログイン後の[その他]-[ヘルプ]メニューをご覧ください。 
以下の講演会資料もご参照ください(学内利用に限る): 

注意事項

利用後は必ず、画面上部の"ログアウト"ボタンを押してください。

提供元

中央図書館、商学学術院